menu
  1. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  2. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  3. バイアグラの正しい服用方法について
  4. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介
  5. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
  6. バイアグラと狭心症の関係
閉じる

バイアグラはどんな薬?効果効能の解説

EDの治療薬と言えば?という質問があったら、ほとんどの人はバイアグラと解答すると思います。それほどバイアグラはメジャーな薬となりました。こちらではバイアグラの効果や使い方、バイアグラを使用する原因になるEDについても解説していきます。

バイアグラの効果を説明する女医

バイアグラの効果はこんな人に向いている!

バイアグラは、こんな症状の方に向いているED治療薬です。

  • 朝立ちや自慰行為はできるものの、性交渉となると勃起しない
  • 一度勃起するものの、維持できないため、挿入に至らない
  • 性欲はあるし興奮もするが、なぜか勃起しない
  • 勃起しても硬さが十分でないため、挿入できない
  • 挿入できても、柔らかくなってしまい、抜けてしまう
  • いつもではないが、早漏気味だ

早漏気味で深刻に悩んでいる男性このように、勃起できるかできないかでED(勃起不全)を判断するのではなく、満足できる性交ができているかどうかで診断されます。
現在、40代の5人に1人、50代の2.5人に1人がEDに掛かっていると言われています。
また、20代、30代のED患者も増えています。
EDになる原因は様々ですが、30代、40代では心因性のものが多く、日頃のストレスや、既婚者は子作りなどのプレッシャーからEDになってしまうケースが見られます。
50代、60代は、動脈硬化や神経障害、高血圧、糖尿病などの病気や不調によるものと、精神的ストレスが合わさった混合型が多く見られます。
男性にとって精力が減退してしまうことは大きな自信喪失につながることもあり、深刻な悩みを抱えている方は少なくありません。
さらに、追い打ちを掛けるように性交渉の相手から心無い言葉を投げかけられると、一層悪化の道を辿ってしまいます。
昔はED治療薬などなかったわけですから、病院で症状を訴えても特に治療することはありませんでした。
ただ、原因が心因性のものか、器質性のものかを探るくらいしかできることはなく、心因性と思われる場合はカウンセリングなどを行っていました。
しかし、それで症状の改善が期待できるものではなく、なす術がなかったというのが現状でした。
そういった意味で、バイアグラの開発、発売は世のEDに悩む男性にとって、画期的なものとなりました。
性欲は衰えないのに、精力だけが衰えるというアンバランスに苦しむことがなくなったからです。
自分の意思だけではどうにもコントロールできないもどかしさに、日々悩む必要もなくなりました。
バイアグラを使用した感想は「EDが改善され、パートナーとの関係が良くなった」といったといったことが主に言われています。
また、「男としての自信を取り戻し、若返った気持ちになった」「ストレスから開放されて、気分が晴れやかになった」といったものも多く見られました。

バイアグラは、元々人間の体にある勃起を抑制する酵素の過剰な働きを抑え、勃起を促進する薬です。
勃起不全(ED)の男性にとっては頼みの綱となる薬ですが、バイアグラはあくまでも勃起を促進させる薬であって、性欲を増進させるものではありません。
ですから、効果があるのは男性のみで、女性は服用する意味がないということになります。
また、バイアグラは精力増強剤というわけでもありませんので、飲んだら即勃起するというものではありません。
性的な興奮がなければ勃起に至りませんので、ずっと勃ちっぱなしということもありません。
性欲の度合いは、十分なものでなければ勃起しないので、気分を高めることが必要です。

バイアグラは、早漏気味の方にも効果が得られます
服薬により、射精のタイミングをある程度コントロールできるようになるからです。
いつも早く終わってしまっていた方も、長時間の性交が可能となります。
ただ、薬の効果が5~6時間続くと言っても、その間ずっと勃起しているわけではありません。
一度の性交の終わりに性欲が一時的に抜けるのと同時に、勃起も一時的に治まります。

バイアグラの効果をより高めるためには、用法、用量をしっかり守ることはもちろんのこと、食事のタイミングに気をつける必要があります。
服用は、必ず食前に行うようにしてください。
食べ物が胃に入っていると、バイアグラの成分が吸収されないためです。
必ず空腹時に服用することが大切です。
服用後は、約30分程度で薬の成分が吸収されますので、30分経てば食事をしても支障はありません。
消化の良いものを食べ、おなかいっぱい食べずに腹八分目に留め、脂っこいものをとらないことで、バイアグラの効果が高まります。
せっかく服用するのですから、もっとも効果的な方法で服用するようにしましょう。

初めてED治療薬を使うならバイアグラがおすすめ

バイアグラを使う男性ED治療薬にはバイアグラの他にレビトラやシアリスがありますが、日本で承認された薬の中でもっとも歴史が古いものがバイアグラです。
一番長く使われている薬ですから、その知名度は高く、初めてED治療薬を使う方には安心です。
初めてバイアグラを服用された方は、効きが良い傾向にあります。
これは「ED治療薬を服用した」という高揚感が手伝っているためだと考えられます。
バイアグラには、薬を服用し続けることで体が慣れてしまい、効きが悪くなる「薬物耐性」がありません。
ですから、最初だけよく効いたけれど、徐々に効果が弱まっている気がするのは、精神的なものが影響しているせいかもしれません。
日本で承認を得ているバイアグラの規格は25mgと50mgの2種類のみです。
保険が効きませんので、どこの病院でも自費診療となります。
また勃起薬は通販で買うのがオススメで、個人輸入代行業者に依頼することが可能です。バイアグラジェネリックなどもあり安くEDを克服できます。
バイアグラジェネリックは様々な種類がありますが、中でも人気なのがカマグラで、バイアグラではなくこちらのカマグラを利用しているという方も多くいます。 しかし通販の場合は偽物もあるようなので信頼できるサイトを使用しましょう。

バイアグラは、空腹時、性行為の約一時間前に服用します。
水やお茶、または清涼飲料水で飲むようにしてください。
少量ならアルコールと一緒に飲んでも構いませんが、飲みすぎてしまうと効きが悪くなってしまいます。
また、人によっては飲酒によって立ちくらみなどの副作用が現れることがありますので、注意が必要です。
バイアグラを服用後、約30分ほどで効果が現れるようになり、約1時間後にピークが来て、その後約5~6時間ほど効果が持続します。
一日の服用は一回を限度とし、次に服用するまで24時間空けるようにします。
腎機能の低下がある方は、さらに時間を空ける必要があります。
バイアグラの効果は、食事に左右されます。
空腹時に服用した方が効果が得られます。
食事をした場合、脂肪が多い食事内容であれば、消化に時間が掛かりますので、5~6時間空けてからの服用が望ましいです。
脂肪が少ない食事の場合は、2~3時間ほど空ければ問題ありません。

バイアグラの服用について注意点があります。
以下の方は服用しないよう気をつけてください。

  • 重度の肝機能障害がある方
  • 低血圧、高血圧の方
  • 心臓病、不整脈のある方
  • 6カ月以内の脳梗塞、心筋梗塞の既往歴のある方
  • バイアグラの成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
  • 網膜色素変性症の方
  • 酸アミオダロン(経口剤)を投与中の方

特に、狭心症の薬としてニトログリセリンを服用されていたり、貼り薬を使用されている方は、命の危険を伴うレベルにまで血圧が低下してしまう恐れがあります。
絶対に服用しないようにしてください。
また、バイアグラは用法、用量を守れば安全な薬と言われていますが、副作用がないわけではありません。
主な副作用は、頭痛、ほてり、紅潮、めまい、胸痛、動機、頻脈、悪心、胃腸障害、消化不良、口渇、腹痛、鼻炎、発疹、関節痛、筋肉痛、結膜炎、視覚障害などがあります。
これらの副作用が起こった場合は、医師に相談し、服薬を中止するか、量を減らすなど判断を仰いでください。
バイアグラを精力増進剤だと勘違いしてEDではないのに服用してしまう方がいますが、これは絶対にお勧めできません。
飲んだからと言って、精力が増すわけではないからです。
風邪を引いていないのに風邪薬を飲むことと同じで、意味を成しません。
副作用だけが働いてしまうこともありますので、むやみな服用はやめましょう。
バイアグラの効き目には個人差があります。
効きが悪いからと言って用量以上に服用してしまうのは危険です。
正しい用法、用量を守って服用しましょう。
バイアグラが効かないからと、精神的に落ち込んでしまう方がいますが、その日の体調やメンタルでも効き方は違ってきます。
一度服用してみて効かなかったからと言って自分のEDは救いようがないと思い込んでしまうと、余計に症状が悪化してしまいます。
あまり深く考えすぎないようにしましょう。
バイアグラは偽物も流通しています
個人輸入によって成分の違う偽物を購入してしまう可能性もあります。
きちんと効果を得られる正規品を使うようにしましょう。

バイアグラは歴史が深い医薬品

バイアグラは、1998年にアメリカのファイザーという会社で初めて発売されました
そして翌年の1999年3月23日に日本でも発売されることになりました。
バイアグラは元々は狭心症の薬として臨床試験が行われていました。
しかし、試験の途中で勃起不全改善に効果があることがわかり、EDの治療薬として開発されたのです。
まさに、偶然の産物でした。
バイアグラの主成分は当初、狭心症に効果があるとされ、フェザー社で研究されていました。
しかし、期待していたほどの改善は認められず、研究者たちは臨床試験を打ち切ろうとしていました。
しかし、臨床試験に参加した治験者たちが残りの薬を返却したがらなかったことから、研究者たちが理由を問いただしたところ、勃起不全が改善されることが判明しました。
その後、フェザー社はバイアグラの主成分を狭心症の治療薬として研究することをやめ、ED治療薬としての開発に乗り出しました。
その効果は確かなものとして、1998年3月27日には、FDA(米食品医薬品局)に認可されました。

アメリカでバイアグラが発売されると、日本で認可される前から、EDに悩む男性たちがこぞって個人輸入するようになりました。
医師からの説明も、知識もない中での輸入ですから、間違った用法で服用する人が出始めてしまいました。
硝酸剤が含まれる薬を服用されていた人は、バイアグラを飲んだことで重要な健康被害が生じてしまい、社会問題化されました。
その後、事態を重く見た厚生省(現在の厚生労働省)は認可を急ぐことになり、1年という異例の早さで承認、販売に至ったというわけです。

それまで、EDには効果的な治療法がありませんでした。
心因性と思われるものにはカウンセリングが行われ、それでも改善しなければ添え木をするがごとく、シリコンを挿入する方法も行われていました
肝心なときに役に立てないことは、男性にとっては深刻な悩みで、自信を喪失する人が多くいました。
また、妊娠を望む夫婦にとっても事態は深刻でした。
子作りは排卵のタイミングが重要ですが、それが男性にとって大きなプレッシャーとなり、症状が悪化するというケースも多くありました。
ED治療薬が出てからは、問題解決に向けて大きく前進することになりました。
バイアグラは、服用することによって精子の奇形率が上がるといったことはありませんので、妊娠、出産に問題が生じることはありません。
子供を望んでいる夫婦にとっては、ED治療薬が大きな役割を果たすことになりました。
妊娠を望む望まないに限らず、EDは夫婦関係にも影を落とすことがあります。
夫婦がお互いに性欲が減退していれば問題はありませんが、スキンシップを大切にしている夫婦であれば、EDは悩みの種となります。
実際に、バイアグラを服用したことでEDが改善し、夫婦関係が良くなって、会話が増えたという声が多く聞かれます。
大切なものはそれぞれの夫婦によって違いますが、夫婦生活に重点を置いている夫婦にとっては、治療薬は大きな存在となります。
バイアグラの名前の由来は「Vital」と「Niagara」を合わせた言葉から来ています。
「Vital」は活力に満ちている、力強い状態を表し、「Niagara」はナイアガラの滝を意味します。
ナイアガラの滝のように力強く生命力に溢れているといったところでしょうか。
その名の通り、まるで生命力がみなぎったようだという感想が多く聞かれます。

現在バイアグラは、EDに確かな改善が見られると、男性たちから絶大な支持を受けています
ストレスや体の問題、加齢などが原因となり、十分に満足が得られない性生活を送ってきたけれど、そんな生活に終止符を打ち、男性として自信を取り戻せたということです。
もちろん、薬に頼るだけではEDは十分に改善しません。
十分な睡眠、バランスの整った食事、適度な運動、ストレスの発散などもとても重要です。
生活リズムを整えることは、若さを保つことにもつながります。
EDの改善には治療薬が有効ではありますが、より効果を高めるため、基本的な自己ケアにも努めていきましょう。

ページ上部へ戻る