menu
  1. バイアグラと狭心症の関係
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
  4. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  5. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介
  6. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
閉じる

バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?

勃起不全(ED)で深刻な悩みを抱えている男性は少なくありません。
20世紀の末に登場したバイアグラは、画期的なED治療薬として一世を風靡し、現在でも数多くの愛用者を持っています。
日本でも現在では医薬品として正式に認可されており、医療機関で処方を受けられるのは周知の通りです。
にもかかわらず、バイアグラの処方を受けるには保険が適用されません。
健康保険があれば医療費は3割負担で済みますが、適用されないと全額が自費診療となります。
バイアグラは決して安い薬ではなく、性行為のたびに服用する必要がありますから、トータルではかなり痛い出費になってしまいます。
確かな効き目が期待できる薬だけに、この点はバイアグラの大きなデメリットと言えるでしょう。
医療機関ではバイアグラそのものの代金だけでなく、処方を受けるための診察費や検査費などに関しても、すべて自費診療となっています。
ED治療に全く保険が適用されないのは、先進国では珍しいといわれています。
これに対して学会では、せめて検査費だけでも保険を適用してほしいと要望を出していますが、今のところ認められる動きはありません。
ではなぜバイアグラには保険が使えないのでしょうか。
まずEDは本人には深刻な悩みですが、生命維持に関わるような病気ではありません。
またバイアグラは一時的に勃起を促すだけで、EDの原因を取り除く薬ではありません。
治療薬ではなく、生活の質を改善する薬に過ぎないということです。
さらに保険が使えると、軽い気持ちで薬を求める人が増え、財政負担が増えるという理由もあります。
現在のところEDの原因に関わらず、バイアグラはすべて自費診療となっています。
手軽にEDを治療できる反面、かなり出費が大きくなるため、二の足を踏んでいる方がいるかもしれません。
これに対してED治療専門の医療機関では、少しでも負担を軽くする工夫をしています。
たとえば純正品を購入する場合に限り、診察費を無料としているところもあります。
個人輸入代行の通販サイトを利用するのも、バイアグラを格安で入手する方法のひとつです。
ただし通販サイトでは、多くの偽物が出回っていると言われています。
また万が一副作用が起きても補償を受けることはできません。
安全を第一に考えるなら 、正式な医療機関で処方を受けるべきでしょう。
経済性を優先して個人輸入を利用するなら、あくまでも自己責任で購入する必要があります。

原因次第では保険適用されることも!?

バイアグラには保険は適用されませんが、原因次第ではED治療に保険が使える場合もあります。
まず病気や事故、先天的な障害などで勃起神経や血管に異常が起きている場合は、原因となっている異常の治療に保険が適用されることがあります。
どこまで適用されるかは、医師の判断によります。
糖尿病をはじめとする生活習慣病は、EDを引き起こす主要な原因のひとつです。
動脈硬化などで血液の流れが悪くなると、ペニスに流入する血液量が減少し、勃起障害につながります。
生活習慣病の治療によりEDの症状が改善される場合があり、この際には保険が適用されます。
加齢により男性ホルモンが減少し、勃起力が衰えることもあります。
いわゆる男性更年期障害の症状のひとつで、他にもストレスや食欲不振など、さまざまな体の不調が現れてきます。
こうした症状の改善にホルモン療法が用いられることがあり、その一部に保険適用が可能ですEDの原因はさまざまであり、すべて自費診療になるわけではありません。
ED治療専門の医師に相談し、適切な治療法を見つけることにより、治療費の負担を抑えつつ生活の質を改善できるでしょう。
もちろんバイアグラなど勃起薬の使用も、有効な選択肢のひとつになります。

関連記事

  1. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!

  2. EDに自然治癒の可能性はある?

  3. 女性がバイアグラを服用したらどうなる?

  4. バイアグラと狭心症の関係

  5. バイアグラの副作用について詳しくまとめました

  6. EDは珍しい病気?年代別で患者はどれくらいいる?

おすすめ記事

  1. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラと狭心症の関係
  4. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  5. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
ページ上部へ戻る