menu
  1. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラと狭心症の関係
  4. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
  5. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  6. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介
閉じる

バイアグラの副作用について詳しくまとめました

バイアグラは、20世紀の終盤から21世紀にかけて世界中で爆発的なムーブメントを巻き起こした内服薬で、中高年男性のかなりの割合の人が悩んでいるEDという症状を高確率で改善します。
これにより、夢の治療薬として大変な人気を集めるのですが、元々は心臓病の改善を目的として開発されたもので、男性性器に対してダイレクトに作用するわけではありません。
それでは、バイアグラの作用機序具体的にどのような内容かというと、環状グアノシン一リン酸という環状ヌクレオチドを生体内で分解している加水分解酵素の5型ホスホジエステラーゼ の活性を阻害するというものです。
これにより、陰茎部周辺の一酸化窒素作動性神経に作用して血管を拡張し、該当箇所に流れ込む血流量を増加させます。
すると、erection可能な状態となり性的な刺激をきっかけとして機能するようになります。
なお、このような作用はバイアグラを服用してから30分ほどで発動し、体内から有効成分が排出するまでの約5~6時間継続します。
このために、時間内であれば何度もプレイにチャレンジすることが出来ますが、精力自体を増強するような作用はないので、注意しなければなりません。
この点が、いわゆる精力剤と呼ばれているマカやクラチャイダムなどの健康食品系のアイテムとの一番の違いです。
ちなみに、前述したように本来は心臓病の治療薬として開発された成分で、陰茎部の血管が拡張するという作用は想定外の反応です。
つまり、十分ではないとはいえ本来の目的である全身の血管を拡張するという作用は発揮されます。
これにより、肺高血圧症や慢性心不全、急性肺傷害などの他の疾患への適応が研究されているほどです。
このために、バイアグラを服用すると急激に血圧が変動するので、それに伴う様々な変化が生じることになります。
特に多いのが顔のほてりと目の充血で、これらは服用した人の約90パーセントに発症するとも言われています。
これら以外には、頭痛や動悸、鼻づまりなどの副作用が多く報告されてます。
ちなみに、これらの副作用は、バイアグラの本来の作用である血管を拡張するということにより引き起こされているもので、効き目があらわれたことを証明するような症状です。
つまり、顔のほてりや目の充血などがあらわれたということは、バイアグラの効き目が発揮され出したサインということであり、erection可能な状態になったということになります。

バイアグラの副作用はどれくらいの時間続く?

顔のほてりや目の充血、頭痛や鼻づまりといったバイアグラの副作用は、効き目が発揮され出したのと同時に出てくるので、副産物という位置づけも可能です。
具体的には、服用してからこれらがあらわれるまでにかかる時間は30分ほどで、体内から有効成分がなくなるまで5~6時間続きます。
なお、いずれも通常はバイアグラの効き目が消え始めると同時に軽減していくのですが、ごくまれに長期的に症状が治まらないというケースも起こります。
顔のほてりや目の充血であればそれほど心配しなくても構いませんが、頭痛や鼻づまりが慢性化すると健康状態にも悪影響が及んでしまいます。
このために、長期間副作用が収まらない場合は、適切な医療機関で診察を受けるようにしなくてはなりません。
また、バイアグラはこれらの副作用と共に、著しい高血圧や低血圧、心臓や心血管などに問題を抱えている人など、利用することを禁止されている人や、塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤など併用できない薬が指定されるなど、誰でも気軽に利用できるという内容の薬ではありません。
間違った方法で使用すると大袈裟ではなく生命に関わるので、薬の内容をしっかりと理解したうえで用量と用法を守って服用しなくてはなりません。

関連記事

  1. 女性がバイアグラを服用したらどうなる?

  2. バイアグラと狭心症の関係

  3. バイアグラ以外のED治療薬との比較

  4. バイアグラの正しい服用方法について

  5. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!

  6. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?

おすすめ記事

  1. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラと狭心症の関係
  4. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  5. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
ページ上部へ戻る