menu
  1. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  2. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
  3. バイアグラの正しい服用方法について
  4. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介
  5. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  6. バイアグラと狭心症の関係
閉じる

女性がバイアグラを服用したらどうなる?

男性の勃起不全を解消するために売られている薬がバイアグラです。
これを服用することで勃起し性行為を行えるようになります。
比較的安価で販売されており、最近は存在を広く認知されていて、服用している人も増えている薬です。
男性の性欲を掻き立て、性器を強制的に勃起させることが出来るバイアグラですが、これを女性が服用した場合、どうなるのでしょうか。
同じように女性にも性欲がある以上服用してみたいと考える人がいても不思議ではありません。
結論から言ってしまうと、ほとんど間違いなく何も起こりません。
というのも、このバイアグラは別の病気の治療のために作られた薬です。
それがたまたま男性の性器を勃起させる効果があることを発見し、勃起不全の解消のための薬に作り替えられました。
つまり、男性への効果は著しいものではありますが、女性に対しては効果がないのです。
もしかしたら、心理的影響などもあり多少の効果は表れるかもしれませんが、基本的には服用したところで効果はありません。
あくまでも男性が勃起するための薬であるためです。
また、この効果も最初はなぜ起こっているのか判明していませんでした。
前述の通り、バイアグラという薬は別の病気の治療のための薬であったからです。
その薬を治験した時、男性の治験者には異変が現れ、女性の治験者には異変が現れませんでした。
その違いが男性器の勃起です。
治験者のうち男性にだけこのような副作用が現れたのです。
その副作用を利用し、安全な薬へと研究と改良を繰り返しながら生み出されたのが、現在流通している男性向けのバイアグラになります。
当然、最初に発見されたときには男性にしか反応しませんでしたし、その後研究がされ、改良され続ける過程でも男性への反応を重視しながらすることになりました。
そう考えると、男性にしか効果がないというのはある意味当たり前のことと言えます。
男性用のバイアグラが完成し、流通を始めれば当然女性にも興味を持つ人は現れます。
男性が勃起不全で悩むように、女性もまた不感症などの理由で悩んでいたからです。
男性の勃起不全に効果のある薬があるのだから、女性の不感症に効果があるものも存在するはずであるとして調査、研究がおこなわれていくことになりました。
それが次項で記述することになる、女性用バイアグラです。
女性の不感症改善のために作られた、女性用バイアグラは「ラブグラ」という名称で販売されているケースが多いです。

女性用バイアグラも登場しています

女性向けバイアグラ、通称ラブグラは、バイアグラと違い男性には効果がなく、女性にのみ効果を発揮します。
同じ、バイアグラという名称が使われるのですが、薬自体は全く違う物です。
このラブグラという薬もまた、男性用バイアグラと同じく、別の病気の薬を開発している最中に偶然見つけられたものです。
そこで見つけられた効果を元に研究と開発を行っていきました。
ラブグラは女性の不感症を解消することを目的に作られています。
しかし、男性のように目に見えて効果がわかるわけではないため、ラブグラの開発は遅れました。
その結果、流通し始めたのも最近であり、知名度もそれほど高くなっていません。
未だにその存在を知らない人もたくさんいます。
それほど変わらない時期に発見され、同じような悩みを解決するための薬であるものの、効果が目に見えないため研究がなかなか進んでいませんでした。
女性が精力剤と呼ばれるジャンルの物を購入するのに抵抗があったり、社会的に女性が精力剤を求めるというのに否定的な空気があったりしたことで流通は遅れ、未だに悩んでいる人もいます。
不感症で苦しんでいる人たちの救世主となるべく誕生したラブグラを少しでも多く人が理解することで悩みを持つ女性がとより良い性生活が送れるようになるでしょう。

関連記事

  1. EDは珍しい病気?年代別で患者はどれくらいいる?

  2. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!

  3. バイアグラ以外のED治療薬との比較

  4. バイアグラの正しい服用方法について

  5. EDに自然治癒の可能性はある?

  6. バイアグラと狭心症の関係

おすすめ記事

  1. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラと狭心症の関係
  4. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  5. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
ページ上部へ戻る