menu
  1. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
  2. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  3. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  4. バイアグラと狭心症の関係
  5. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介
  6. バイアグラの正しい服用方法について
閉じる

EDに自然治癒の可能性はある?

男性や女性に限らず、加齢と共に様々な体のトラブルを感じるようになるのはある意味でしょうがない事ではあります。
男性にとってEDが発症してしまうと男性として自信がなくなってしまう事もあり、できれば避けたい病気と言えます。
EDは大きく4つに分類され、その原因は様々です。
器質性EDとは、体になんらかな異常があり、物理的な要因が原因のEDです。
その原因として考えられるのが、加齢や糖尿病、高血圧など生活習慣病による動脈硬化や外科手術等による陰茎部分の神経や血管の損傷などの血管障害があげられるます。
事故などによる脊椎の損傷など脳から陰茎までの伝達神経の損傷など神経障害、加齢やストレス、喫煙や飲酒などによる男性ホルモンであるテストステロンの減少による内部分泌機能の低下も原因の1つです。
心因性EDとは、体の機能としては何も問題がないにも関わらず、心理的や精神的な要因によって引き起こされるEDの事です。
一番多いのがうつ病や統合失調症などの精神疾患によって引き起こります。
それだけでなく会社やその他の社会生活によるストレスや夫婦関係の崩壊、更に幼少期のトラウマなども原因として考えられる事もあり、男性であれば誰にでも起こりうる可能性があります。
混合性EDとは、器質性EDと心因性EDの両方の特徴を持つEDです。
このEDでは物理的な原因と精神的な原因の二つが考えられる為、器質性EDを改善するために薬などを服用したとしても心因性EDが解決していない為に全く症状が変わらないケースがあります。
その為、複数の要因を突き止め事からまず始めなければならず、最も回復に時間がかかってしまいます。
薬剤性EDとは、持病など常用している薬の副作用によって起こるEDです。
例えばうつ病の改善に服用する抗うつ剤というのは、男性ホルモンの分泌を抑える作用がありますので、勃起に必要な血流の流れを促す血管の拡大が阻害されるだけでなく性欲自体が減退する事もあり、EDへとつながります。
この場合、単純に薬の服用をやめれば改善される事も大いに考えられるのですが、薬の服用が生活をする上で重要な場合が多いので安易に中止はできません。
残念ながらEDは自然治癒する可能性が低い病気です。
精神的な原因なら、ある時を境に自然治癒する可能性もあるのかもしれませんが、根本的な原因を改善しなければ難しいと言えます。
この大きく分けられた4つのEDのいずれにも改善策はありますが、最も効果があると考えられているのはバイアグラなどの治療薬です。

EDを放置すると発生する危険なこと

EDは自然治癒が難しいうえに、放置する方が多くいますが、放置する事で命に係わる危険が訪れる事もあります。
その最たる例が動脈硬化です。
動脈硬化は人間の体の中で最も細い血管から症状が出始めます。
このもっとも細い動脈はペニスの動脈です。
男性には朝立ちがありますが、朝立ちがなくなっていると動脈硬化の可能性が高くなります。
年齢を重ねてきているからしょうがないと思ってしまうかもしれませんが、朝立ちは精力の関係なく、健康であれば血管のメンテナンスとして起こる事です。
一度動脈硬化になると放置していても自然治癒はしません。
動脈硬化により血管が傷んでくると血管内皮の下にコレステロールやその他の不純物が蓄積する事により、コブ状になります。
このコブが破裂すると動脈破裂となり命に関わる可能性が高くなります。
動脈硬化は、一番細い血管から始まり、体のいたるところで広がる可能性があります。
動脈破裂が心臓など大切な部位の近くで起こってしまうと何の対処もすることができずに命を落としてしまう事もあります。
まだ大丈夫と安心するのではなく、少しでも気になる事がある場合には早めにかかりつけの病院行って主治医の先生に相談する事から始めましょう。

関連記事

  1. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介

  2. EDは珍しい病気?年代別で患者はどれくらいいる?

  3. バイアグラ以外のED治療薬との比較

  4. 女性がバイアグラを服用したらどうなる?

  5. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!

  6. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?

おすすめ記事

  1. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラと狭心症の関係
  4. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  5. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
ページ上部へ戻る