menu
  1. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介
  2. バイアグラと狭心症の関係
  3. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  4. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
  5. バイアグラの正しい服用方法について
  6. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
閉じる

EDは珍しい病気?年代別で患者はどれくらいいる?

EDは特別に珍しい病気ではなく、幅広い年代に患者がいるものです。
調査では20代から80代にわたって患者がいることが分かっています。
その中でも最も多いのは40代と50代となります。
これは環境の影響など原因となりえることが多くあることが要因とされます。
例えば中間管理職となる人が多く、特にストレスが増加する年代であると言えます。
さらに男性更年期障害を発症することによって、男性機能が不調となる人もいます。
あらゆるストレスやプレッシャーなどが精神的な要因によってEDを引き起こすというわけです。
続いてEDの患者数が多い年代は30代と60代となります。
30代の男性も仕事が原因でストレスを抱えることにより、性欲の減退を引き起こすケースが増えるようです。
60代に関しては自然と男性機能が衰えることによって、EDとなるケースが多くみられます。
意外と患者数が多い年代は20代です。
これは新社会人となることによって環境が大きく変わり、それが緊張やストレスにつながり性欲減退を引き起こすと考えられます。
あるいはスマートフォン世代と呼ばれる年代もEDの患者数が多いとされています。
EDは年代が上がるほどに患者数は増えるとも考えられます。
これは男性機能の衰退という点から見ると当然とも言えるものです。
だいたいの目安として、1年で1%から2%は男性ホルモンは減少するとされています。
これはED発症の可能性を高めるものなので、男性は誰でも歳を取ることで発症しやすくなるというわけです。
けれども近年目立つようになってきたのが、男性ホルモンが多いはずの20代から30代といった若い世代にもED患者が増えてきたことです。
これは性への興味が薄れていることと関係があると見られています。
中には童貞のまま歳を重ねる人も多く、自然と精力は減退してしまうというわけです。
さらにこれを放置しておくと、改善しにくくなると言われます。
そのために現在の20代や30代が年齢を重ねて40代や50代になると、これまで以上に患者数の比率は高まると予測されます。
実際に毎年調査している年代別のEDの患者数は、40代や50代の割合が増えています。
この傾向は今後もさらに続くと予測されます。
男性全体から見たEDの患者数も、年々増えていることが確認できます。
そのために、これは決して珍しい病気ではなく、治療の必要があるものであると認識することが必要であると言えます。

20代でもEDの危険性はある?

男性のEDの患者数が増えている中で、20代の発症事例は年々増えています。
もはやEDは決して珍しい病気ではなく、誰でも発症する可能性のあるものであると認識した方が良いものです。
何かとストレスを感じやすい世の中となっていることに加えて、スマートフォンの普及も20代での発症を増加させていると見られています。
そのためにきちんと知識を持つと共に、自分も発症する可能性は十分にあることを自覚することが必要でしょう。
早めに対処すれば大事に至ることはありません。
けれども立派な病気であることを自覚しなければ、そのまま放置してしまうことになります。
そのために、何かしらの自覚症状を覚えたならば、早めに対処することが大事です。
若いからといって無防備でいると、いつの間にかEDを発症することになります。
20代でも多くの人が発症している病気なので、まずはどのようなことに注意すれば良いのかを知っておくことが必要です。
予防策を取り、まずは発症する可能性を抑えることになります。
それでもEDになってしまったならば、どのように改善すれば良いのか正しい知識を得ておくことが大事です。
決して自己流で対処せず、正しいアプローチで改善を目指す必要があります。

関連記事

  1. 女性がバイアグラを服用したらどうなる?

  2. バイアグラの副作用について詳しくまとめました

  3. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!

  4. バイアグラの正しい服用方法について

  5. バイアグラの有効成分シルデナフィルの紹介

  6. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?

おすすめ記事

  1. バイアグラジェネリックが効果が同じで格安!
  2. バイアグラの正しい服用方法について
  3. バイアグラと狭心症の関係
  4. バイアグラの副作用について詳しくまとめました
  5. バイアグラの処方を受けるのに保険は効く?
ページ上部へ戻る